top top
  化粧崩れを防ぐ / 目元ケアの正しい方法 / 肌の乾燥を防止するには / しわを消す化粧 / 唇ケアのポイント

  肌が乾燥するのも必ず原因があります。
これは人によっても違ってきますが、大抵は年齢、紫外線、間違った洗顔、間違ったスキンケア、生活習慣や生活環境も原因となります。
思い当たる事があるなら、可能な限り改善しておきましょう。

乾燥を防ぐにはスキンケアも重要です。
基礎化粧品はできるだけ肌に負担をかけないように、成分なども注意して選びます。
自分の肌質や年齢に合った物を使うのもポイントです。
化粧品メーカーもたくさんありますが、化粧水や乳液などは同じラインのものを使ったほうが相乗効果も手伝ってくれるので、効果を実感しやすくなります。
好みなどもありますが、できれば同じラインのものを使いましょう。
これは洗顔フォームやクレンジングも同じです。
メーカーにもよりますが、同じラインを使うことで次に使う化粧品の浸透力や保湿力を高める効果も期待できるからです。

クレンジングは洗顔フォームでは落とせない、油分の汚れを落とします。
洗顔フォームはしっかりと泡立てて、擦らず泡で洗う事を意識してください。
擦る事が刺激となり肌に負担をかけるので、これも乾燥の原因になります。
化粧水や乳液は手で付けてもいいのですが、手で付ける場合は叩かずに軽く押し付け肌にしっかりと浸透させましょう。
ステップ毎に、仕上げのハンドプレスをするだけでも浸透力が高まります。
手に肌が吸い付くようになれば、しっかりと保湿できているサインなので、足りない場合は二度付けもいいと思います。
乾燥しやすい目元や口元は、指の腹を使って細かくケアします。

肌や年齢に合う物を選んでいるはずなのに、化粧水に物足りなさを感じる事もあります。
この場合は化粧水パックをおすすめします。
パック用のシートでもいいですし、なければ表面の平らなキッチンペーパーやティッシュでも代用できます。
乾燥が気になる部分にパックできるよう適当な大きさにカットして、化粧水をたっぷりと染み込ませます。
パックをすると乾燥しにくいので、同じ化粧水でもしっかりと保水でき乾燥を防げます。