top top
  化粧崩れを防ぐ / 目元ケアの正しい方法 / 肌の乾燥を防止するには / しわを消す化粧 / 唇ケアのポイント

  朝どんなに丁寧に化粧をしても、時間が経つと化粧が崩れてしまうと悩んでいる人も多いと思います。
化粧崩れの原因は、乾燥と皮脂です。
肌が乾燥するとそれを補おうとして皮脂を過剰に分泌しようとするので、悪循環となります。
まずは肌の乾燥を防ぐために、保湿を重視しましょう。

肌が乾燥する原因にもいくつかありますが、洗顔はできるだけ肌に優しく皮脂を必要以上に落としすぎない物を選びます。
ゴシゴシとこすらずたっぷりの泡を立てて、包み込むように洗います。
汚れを落としたら今度は化粧水でたっぷりと水分補給をします。
この時手でつけるよりも、コットンやパック用のシートでパックをした方が浸透力が高まります。
朝は時間がないので難しいため、手を温めハンドプレスで浸透力を高めましょう。

次は乳液やクリームで油分を補いますが、付けた直後は多少ベタつきます。
このままメイクをするとこれも化粧崩れの原因になるので、浸透するまで待つか、時間がない場合は軽くティッシュオフします。
これだけでもかなり仕上がりに差が出ます。
ファンデーションを直接塗るよりも、化粧下地を使いましょう。
下地を塗る前は肌がサラサラの状態である事も大切です。
オイリー肌の人は、基礎ケアが終わったあとに収れん化粧水を使うか、保冷剤などで冷やし毛穴を引き締めておくと皮脂を抑えられます。
保冷剤がない場合は、氷水で冷やしたスプーンでも代用できます。
この場合は水気を拭き取ってから顔に当ててください。

朝は何かと忙しくバタバタしてしまいますが、ちょっとした手間をプラスするだけでも、メイクの持ちはかなり良くなります。
肌を乾燥させない事が一番大切ですが、保湿力の高い化粧品はどうしても付けた直後にベタつきが残ります。
本当ならゆっくり時間をかけて浸透させたいところですが、応急処置としてティッシュオフはかなり便利だと思いますので活用してください。
ベースメイクの後に、ルースパウダーを使うとさらにメイクの持ちが良くなります。