top top
  化粧崩れを防ぐ / 目元ケアの正しい方法 / 肌の乾燥を防止するには / しわを消す化粧 / 唇ケアのポイント

  唇は顔の中でも角質が薄く乾燥しやすいところです。
毎日の基礎ケアをしっかりとしている人も、唇には化粧水や乳液を塗れないのでどうしてもケアが疎かになってしまいます。
保湿力のある薬用リップクリームを塗っておくだけでも、唇ケアは可能ですが乾燥してカサカサになってしまったら、念入りなケアをしてあげましょう。

普段は見落としている唇も、メイクをするときに口紅をつけようと思ったら、乾燥してガサガサになっていて綺麗に口紅が塗れないというのもよくある話です。
乾燥しているのはなんとなく自覚していても、ケアの仕方が分からずに笑った拍子に唇が裂けて血が出る事もあります。
この場合はとりあえずリップクリームを塗り、筆を使って口紅を付ける事で応急処置しますが、このままの状態では見た目も汚く見えてしまいますし、唇も乾燥が悪化します。
唇ケアは意外と簡単な方法でできるので、早速今日から取り入れていきましょう。
ガサガサして角質がめくれ上がっていても、絶対に無理に引き剥がしてはいけません。
唇が荒れますし、切れて血が出てきます。

乾燥して角質がガサガサになっていても、無理に引き剥がさずまずは潤いを与えましょう。
応急処置として薬用のリップクリームも使えますが、夜のスキンケアのときに唇もケアしてあげましょう。
おすすめはオリーブオイルです。
食用のオリーブオイルなら口に入っても安全なので、オリーブオイルを用意します。
唇に適量を塗り、上からラップで覆いパックします。
オリーブオイルが苦手な人は、ワセリンでも代用できます。
この時マスクをすると適度な湿気で、浸透力を高めることが出来ます。
乾燥してガサガサになった角質も、唇パックをすれば柔らかくなるので除去しやすくなります。
ある程度続ければ唇も潤うので、乾燥を防ぐには唇パックがおすすめです。
普段のケアは口紅を塗る前に、保湿力の高いリップバームも便利です。
乾燥すると唇を舐めてなんとかしようとしますが、これは余計に乾燥を悪化させます。
乾燥が気になる場合は、リップクリームやリップバームで保湿をしてください。