top top
  化粧崩れを防ぐ / 目元ケアの正しい方法 / 肌の乾燥を防止するには / しわを消す化粧 / 唇ケアのポイント

  目元は顔面のうちでも皮膚が薄い部分のパーツで通常の皮膚部分よりもデリケートな部分です。
疲れがたまっていたり、寝不足が続くと目の下にクマができやすいのは、皮膚が薄いためうっ血した血液が透けて見えているからです。
また年齢とともに目元は乾燥しやすくなるので、ある程度の年齢になったら目元専用のケアをプラスするのもおすすめです。

スキンケアの基本は洗顔とも言われていますが、洗顔の時も目元は丁寧に洗いましょう。
アイメイクをしっかり目にする人は、専用のクレンジングを使わないとマスカラやアイラインが落とせない事もあります。
メイクを落としておくのも大切ですが、必要な皮脂まで落としてしまいがちなので注意してください。
アイメイクを落とす時は力が入りにくい薬指を使って、優しくクルクルとマッサージするように洗います。
洗顔後は化粧水で念入りに保湿します。
この時目元だけコットンパックをすると、浸透力が高まりしっかりと保湿できます。
次に通常通り基礎ケアをしますが、目元に物足りなさを感じる場合は目元専用の美容液やクリームをプラスしましょう。

デリケートな目元専用に作られているので、目元のケアには最適です。
皮膚が薄い分、他の部分よりも乾燥しやすいので、基礎ケアだけでは乾燥しやすくなってしまいます。
乾燥は肌質や季節などにより変わりますが、乾燥しやすい目元は小じわができやすくなります。
目元の印象で見た目年齢を引き上げてしまうとも言われていますので、保湿は念入りに行いましょう。

血行不良はくすみやクマの原因になりますが、これにはフェイスマッサージが効果的です。
ただし目元をマッサージする時は力は必要ありません。
クレンジングと同じように力が入りにくい薬指を使って、目元をクルクルとマッサージします。
目の下は目尻から目頭へ、瞼は目頭から目尻へとマッサージをして、最後に耳の後ろを通ってリンパを流してあげます。
これをするとむくみも取れてスッキリしますし、リフトアップ効果も期待できるので目元の印象が変わります。

目元の印象はまつげから
リバイタラッシュの参考サイト